ジュンとネネ

ボーダーコリーのネネを中心とした日々の出来事などを綴っています。




 ジュンのHPへ行きますジュンとネネのHPへ行きますネネのHPへ行きます
    HP(我が家の四季) HP(温泉) HP(作り物) HP(徒然)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
浄土ヶ浜
浄土ヶ浜に立ち寄りました。
津波で、象徴となっている平たい石がだいぶ無くなったそうです。

2階まで津波が
傍に建っている建物の2階以上に津波が押し寄せていました。
津波の来る1年ほど前に建て替えたそうです。
そのおかげで強度があり、建物自体は残ったのかもしれません。

とどヶ崎入口
今日の最大の目的地、本州最東端とどヶ崎に向かいます。
宮古市から車で30分あまり走ると、とどヶ浜の入口となる姉吉キャンプ場に着きます。
しかしここも津波に飲み込まれ、跡形もなかったです。

津波到達点
入口から暫く急な道を登ると、津波到達地点の看板が。
こんな高くまで津波が来ているんですものね。

木にも網がかかってる
木には網などがかかってました。

1時間歩く
急な坂道を500mほど登り、その後500mは緩やかな下りになります。
そしてその後は平たんな道が2.8kmほど続きます。
昨日の雨で道はぬかるんでいるかと思いきや、そんなことは無く歩き易かったです。
案内板もしっかりしており、良かったです。
でも片側は急な崖となっており、足を踏み外すと大変です。

本州最東端に到着
歩くこと1時間あまり、到着です
目の前には海が広がり、傍には灯台がそそり立ちます。

本州最東端の碑
最東端の碑もありました。
映画「喜びも悲しみも幾年月」は、この灯台で過ごした灯台守の妻の手記をもとに作られたそうです。
おいら岬~の灯台守は~妻と二人で~沖行く船を~・・・・

証明書
宮古の観光案内所で証明書を貰ってきました。
と言っても100円で買うのであって、特に行ったという証明はいらないです。
これで最北端の大間、最南端の潮岬と3つを制覇です。
残りは山口県だけれど、何時行けるでしょうね。


スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://jyunnene.blog88.fc2.com/tb.php/1154-b7ed0592

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。