ジュンとネネ

ボーダーコリーのネネを中心とした日々の出来事などを綴っています。




 ジュンのHPへ行きますジュンとネネのHPへ行きますネネのHPへ行きます
    HP(我が家の四季) HP(温泉) HP(作り物) HP(徒然)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アイソン彗星 27日
今朝、太陽に最接近したアイソン彗星が消滅したらしいとのニュースが
ショックです

欧米の太陽観測衛星SOHOが撮影した映像を見ると、27日ごろには右側に現れてきてます。

アイソン彗星 28日
そして28日ごろも、尾を長く伸ばして太陽に近づいて来てました。
この後、太陽を回って1週間もすれば肉眼でも見られるかもと期待していたのに・・・
残念です

それにしても24時間365日、太陽を観測している衛星があるんですね。
太陽の活動がよく判ります。
凄いもんですね

SOHOのアドレス
 http://sohowww.nascom.nasa.gov/



スポンサーサイト
アジサイが植わった
朝の散歩道、2~3日前は何も無かったのに道沿いに垣根ができてました。
そしてその内側にはアジサイが植えられていました。
そういえば、この辺に試験的だとかで1本のアジサイが植わってました。
お試し期間が終わって、本格的に植えることになったんですね。
緑の募金によるふれあい緑化事業」だそうです。
来年、りっぱなアジサイが咲くのが楽しみですね



アイソン彗星見えるかな?
アイソン彗星が観測され始めましたね。
今朝は5時起きで、近くの見晴らしの良い所に行ってみました。
8x40の双眼鏡では残念ながら確認することができませんでした。
でも写真で撮ってみると、それらしきものが写っていました。

アイソン彗星の位置
明るい星が水星です。
それと同じくらいの高さで横の方に写っているのがアイソン彗星です。

シッポらしきものが確認
拡大してみると、シッポらしきものが見られます。
もう少し望遠があれば良いのですが
でもこれからもっと太陽に近づいて行くので、明るくなってくれる事を祈りたいですね



わさびらむな
河口湖に行った帰り、道の駅で買ったわさびらむねです。
何となく想像がつく味ですが・・・
でも飲んでみて、違ってました。
色は何となくワサビ色ですが、味はワサビ味ではないです
原材料を見ても、ワサビらしきものは入っていませんでした(ラベルにも書いてありました)。
わさび風味だそうですが、期待外れ




自転車を積んで
今夜はしし座流星群の多くみられる日。
そこで流星と紅葉を観に行こうと、夕方になって出かけました。
行先は河口湖。
しかしこの日は満月で明かる過ぎ、1個も見られませんでした


紅葉狩り
明けて今日は紅葉狩りに

富士が綺麗
富士山も綺麗でした。
朝早くなので人も少なく、ゆっくり周ることができました。
10時を過ぎるころには人も車も一杯、駐車場も満車状態でした。
早く来て、良かった~

スタンプ
実はキャリーを買ったら、最初は河口湖の黄金の七福神を巡ろうと決めていたのです。
これは、漫談家 綾小路きみまろが寄贈したと言う七福神です。

七福神めぐり
でも1か所を除いては、歩いてでも行ける距離でしたが
まぁ良い運動になりました。


恵比寿
恵比寿

大黒天
大黒天

毘沙門天
毘沙門天

弁財天
弁財天

寿老人
寿老人

福禄寿
福禄寿

布袋尊
布袋尊


取り付け
サイクルキャリーに自転車を搭載してみます。
ここでちょと問題が
真ん中に取り付けると、バックミラーが邪魔します。
しかたないので、バックミラーは内側に倒します。
まあ、バックモニターがあるので問題は無いです。

1台目
まず1台目です。
自転車が重いので、持ち上げるのが結構キツイですね。
タイヤをバンドで固定します。
次に本体の固定ですが、ここで問題が。
留め具がうまくできません
留め具は丸いパイプ用ですが、自転車は折り畳み用なので板状なのです。
なるべく丸い場所を探して留めましたが、ちょっと不安定かな

2台目
次に2台目です。
こちらも折り畳み自転車なので、留め場所に苦労します。
これから試行錯誤していきましょう。

横から見ると
横から見るとこんな感じ。
車をキズつけることは無いですね。
でもかなり出っ張るので、バックの時は要注意です。

クーラーボックスでも
自転車のほかに、クーラーボックスでも取り付けることができます。


サイクルキャリーが届いた
注文していたサイクルキャリーが届きました
注文してから1ヶ月ぐらいかかりましたかね。
物は、ABT PARTSMR.CARRY
これは車に加工する必要がないし、ハイルールでも大丈夫なので選びました。

組み立てます
さっそく組立です。
まずは軸となる縦のパイプを取り付けます。

屋根側の取り付け金具
取り付けはこの様な金具で、ドアに引っかけます。

横パイプで固定
次に上と下に横のパイプを取り付けます。
更に中程には自転車を支えるパイプと、本体を自動車に固定するためのパイプを取り付けます。

固定金具
こんな感じで紐をドアに引っかけ、固定します。
横の固定金具は、カタログのと比べる少し質が落ちている感じです

自転車を乗せる台
後は自転車を支えるパイプを接続してほぼ完成です

取り外しは簡単
取り付け位置を変えたりしたため少し時間がかかりましたが、
それでも2時間もかからず完成です。
組立が終われば、簡単に取り外せます。
取り付けるときは、5分もあればできます。


ナノ・ファルコン
世界一小さいというヘリコプター、ナノファルコンを買ってみました

充電中
まずは充電です。
リモコンの電源からヘリコプターへ充電します。
充電時間30分で飛行時間5分。
短い~
でも結構楽しめます

離陸失敗
そしていよいよ離陸。
これがなかなか難しいです。
そこで手で持って、空中から飛ばすと上手く飛びます

毛が絡まって
落ちても結構丈夫でなかなか壊れません。
でもネネさんの毛が纏わりつき、取るのが大変です。

飛んだ!
こんどは安定した飛行を動画で撮りたいものです。



上野動物園
上野動物園の入場券を貰ったので行ってきました。
上野動物園なんて何年ぶりでしょうか・・・

上野のパンダ
たぶんカンカンランランが来園した時以来だと思います。
だから40年ぶりぐらいですかね。
見学の時は凄い人でした。
長い間待って、やっとパンダとご対面。
でも止まってはダメなので後ろから押されながらの見学でした
ゆっくり見ることもできませんでした。

シンシン
そして今回は・・・
空いてました。
ゆっくり見ることができました
これはシンシン(メス)。

リーリー
こちらはリーリー(オス)、と言っても区別がつきませんが


紅葉が綺麗
田舎から戻る途中、紅葉の綺麗な所で休憩しました

どんぐりが
そこはちょっとした林で、どんぐり等が落ちていました。
よく見ると、クルミも落ちてました。
そこで少し拾ってきました。

クルミを焼いてみました
今日、そのクルミを焼いてみました
前回、台所のコンロでは火力が自動調整され上手くいきませんでした。
そこで今度はガスボンベのコンロでやってみました。
ところがこれが良く無かったです

まっ黒に・・・
火力が強すぎたのか長く焼き過ぎたのか、焦げてしまいました
でも中は大丈夫だろうと割ってみると・・・
あれれ、まっ黒
食べてみると、炭のようでまったく美味しくないです
残念



生地鼻灯台
生地鼻灯台まつりに行ったとき、灯台のペーパークラフトを貰ってきました。
さっそく作ってみました。

ペーパークラフト
1/100スケールですから、高さ30m程の灯台は30cmほどの大きさになりますね。
10程の部品に別れてます。

高さ30cm
それほど難しくはないけれど、上の部分は貼り付けるのに苦労しました。



水殿ダム
昨夜は、道の駅 風穴の里で泊まりました
ここは水殿ダムの近くにあります。
朝の散歩、誰もいないダムを歩きます

紅葉
山の木々が紅葉して綺麗ですね。
でも今年の色付きは悪いとのことでした。
しかし、山の中腹の道路はどうして途切れているんでしょうね?

太鼓橋
道の駅から太鼓橋を渡ったその先には、風穴がありました。

風穴
これは、地下水による冷風が岩場を伝って地上に出ている所です。
そこに小屋を作り天然の冷蔵庫としています。
気温は8度前後だそうですが、小屋に入ってみてもそれほど寒いという感じではなかったです。
夏だと気持ち良いでしょうね。



途中の道の駅で休憩
富山から国道41号線を下って岐阜経由で家に帰ります。
途中、道の駅 宙ドーム・神岡に寄りました。

展示場
ここは東大宇宙観測のニュートリノ見学特設コーナーがあります。

光電子倍増管が並ぶ
中には、光電子倍増管のレプリカがあります。
大きいですよね
実際は直径40m、深さ41.4mのタンクにびっしりと並べられているんですね。

実際のモニターと同じ内容
また、実際に研究者がモニターしている画面をリアルタイムで見られます。
赤や緑や青等の色が色々と変化しています。
何がどうなっているかはさっぱり解りませんが


生地鼻灯台
生地のシンボルである生地鼻灯台が一般開放されるというので行ってきました

高さ30m
高さ30mあまりの灯台です。
そんなに高くないと思って登ったけれど、123段の階段があり結構疲れました。

上からの眺めは良いね~
しかし上からの眺めは良いですね。

遠くにwookeの工場が見える
実家の近くにある工場の建物も見えます。

サンマフライを貰う
先着300名には、姉妹都市根室市のサンマフライと飲み物が貰えました。
まぁこれが第一目的でしたが

海から灯台を
さらには、船に乗って海の方から灯台も見てきました。
30分あまりの航海でしたが、楽しかったです

旋回橋が開く
港から海に出るときは、旋回橋が開きます。
車や人が渡るのを止め、船優先で行くのは気持ち良いですね



菊花展
11月になると菊の季節ですね。
富山は意外と菊造りが盛んな所です。
あちらこちらで菊花展が開かれていました。
その中の一つに観に行ってきました

三本立
広い会場に菊がずらりと並びます。

盆栽菊
盆栽菊も立派ですね。

懸崖菊
懸崖造りもありました。
でもこちらの方は、あまり盛んではない感じですね。
こちらの方で作る、静岡型懸崖の無かったのが寂しいです。
懸崖は造るのが大変ですからね
ここの会の人と少し話をしたら、やっぱり若い人が入って来ないとのことです。
「70歳の私が一番小僧っ子だ」と言ってました。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。