ジュンとネネ

ボーダーコリーのネネを中心とした日々の出来事などを綴っています。




 ジュンのHPへ行きますジュンとネネのHPへ行きますネネのHPへ行きます
    HP(我が家の四季) HP(温泉) HP(作り物) HP(徒然)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ハロウィン?
もうすぐハロウィン476ですね。
ハロウィン476と言えばカボチャ・・・
カボチャと言えば、これ観賞用のカボチャです。

ペポカボチャ
ペポカボチャって言うそうです。
色々な形や色があるんですね。
271食用には向かないそうですが、長持ちするそうです。

 

スポンサーサイト
足もとにあるのが見えるかな?
富岡製糸場で繭玉で作るワンちゃんを買ってきましたが、
その他に繭玉だけも数個買ってきました。
これを使ってネネを作ってみました。

繭玉のネネです
足もとにあったのはこれです。

ネネとナナちゃん
まあ作り方は先のワンちゃんと同じです。
あとはマジックで黒く塗るだけですけどね。

チュッ
もう一匹は姉妹のナナちゃんをイメージして。
似てるかな?
って、似てるのは耳が立ってるとこだけですね
どうしようもない菊
菊花展の開催まで2週間ちょっとなりました。
今年もまた、菊の出来栄えは良くないです・・・
って言うか、全然やってないから当然ですね。
唯一、ちょっとだけ出来てるのはこの静岡型の懸崖のみ。
でも延びきってぼさぼさですけどね 393

ちょっと直した菊
そこで、ラフィアで縛って長く延びた花首を倒してみました。
後2週間のうちに花首が起き上がってくれると少しは見られる形になるんですけどね。
違いがわかりますか?411
繭玉のワンちゃん
富岡製糸場に行ったとき、繭玉で作る動物のお土産を買ってきました。

お土産の繭玉
繭って意外と固いのですね。
ナイフで切ろう316としてもなかなか切れないです。
これがあの細い絹糸となっているなんて不思議なものです361

繭の中のサナギ
そして中にはちゃんとサナギが入ってました405

ワンちゃんとパンダ
そして出来たのがこれ。
ワンちゃんとパンダです424
黒いのは、黒く染めた繭玉です。

他にも何個か繭玉を買ってきたので、今度はネネを作ってみようと思います。

何の穴?
庭の所に土の盛り上がりが現れました・・・
どうやらモグラの仕業のようですね393

増えてる~
次の日、土の盛り上がりが2つも増えてました405
困ったものです。
これ以上増えたらどうしよう。
ネネさん、寝てばかりじゃなくモグラを見つけたら追い払うんだよ~
しかしよくこんなに固い土の所を掘り進むなんて、感心しちゃいますね。

柚子と青唐辛子
天井ビックリの青唐辛子を貰ってきました。
そこで我が家の柚子を取ってきて柚子胡椒を作ってみました。

半分に割って種を出します。
136唐辛子のヘタを取り縦に半分に切ります。
そして種を取り除きます。
ヘタの所から伸びている種が付いている白い部分が辛味成分が一番強いというので,
ここは残します。

細かく切ります
137そして細かく刻みます。
ある程度刻んだらフードプロセッサでさらに細かくすると言うことなのですが、
我が家にはそんなのはありません。
ひたすら包丁を叩いて細かくしました。
(ペースト状のが良いか、ツブツブが良いかはお好みで)

柚子の皮を剥きます
138次に柚子の皮を剥きます。
なるべく薄く、青い部分だけになるよう剥きます。
(白い部分を入れるとカビやすくなるとのことです)
そしてこれもまた細かく刻みます。
少し粗めの方が良いですね。
おろし器で削った方が香りが出るらしいですが、今回は包丁のみで挑戦です。

唐辛子4、柚子1、塩1~2割で混ぜます
139唐辛子4、柚子1の割りで混ぜます。
柚子がちょっと少なかったですかね。
(右側の塊りが柚子)
そして塩は1~2割ぐらいでしょうか。
多いと塩辛くなりますが、日持ちは良くなりますね。
この辺も好みで調整です。
塩は田舎の所で作ってる、海洋深層水の塩を使ってみました。

ビンに詰めて完成
140よく混ぜ合わせたら完成です。
ビンの中に入れて冷蔵庫の中で保存します。
皮を剥いた柚子を絞って、汁を入れてもいいですね。

悪戦苦闘、1時間あまりの作業でした。
お鍋の時が楽しみですね411

富岡製糸場入り口
世界遺産暫定リストに登録されている、富岡製糸場に行ってきました。
ネネは当然入れないので、駐車場でお留守番ですけどね411

繭倉庫のレンガ造り
ここは、ヨーロッパの技術と日本独自の工夫が融合された世界最大規模の製糸工場だそうです。
木骨レンガ造りの繭倉庫は、残念ながら内を見ることが出来ませんでした。
もっともガラーンとして何も無い様ですからね。

繰糸場の見学
繰糸場は見ることが出来ます。
ここがメインの場所といったとこでしょうか。
と言うか、ここしか見るところがないです。

説明員も何人かいて説明しながら案内してくれます。
駐車場も整備されており、町中で頑張っているようです。 
でも正直なところ、世界遺産にはどうかな?・・・
と言った感想です。

こら~!!
温泉に行く途中、ちょっとした広場があったので運動355をかねて休憩しました。
ディスクで一通り遊んで、さあ帰ろうと車に向かったときです。
ネネは車に向かわず川の中に356
注意はしてたんですが、制止も効かず川の中に身体を沈めます。
水となると言うことを聞かなくなるのは困ったものです。

おじさんに怒られるよ
近くで鮎釣229りをしてるおじさんが睨んでるよ~
早く戻っておいで。

待て!の状態
ネネカメラ2号で、ディスクをしている所を撮ってみました。
ディスクを上手く取っている場面が撮れてるでしょうか・・・

ジャンプの瞬間
空が映ってます。
ジャンプしている所みたいだけれどディスクが映ってないですね。

ディスクを咥えた時
これはちょうどディスクを咥えたところでしょうか。
もう少し前だと飛んでいるディスクが映っていたかもね・・・残念393

ディスク持ってきたよ~
その他どんな風に265撮れているかは、ネネの部屋の「動画」から見てください。

 

夕方の散歩
ちょっと遠くまで散歩してきました355
6時頃になるともう薄暗いですね。
橋を歩いてる時です、川沿いの木が点々と白くなっています。
白い花361
いえいえ違うようです。
動いてるし増えていってます。

白い花?
どうやら白鷺の寝ぐら75のようです。
次々と白鷲が飛んで来て、木に停まっているのです。
すごい数ですね405
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。